Curious Cat

RAYFORCE

History

M.C.-0025 全世界のコンピューターネットワークを結ぶシステムが完成する。
あらゆる研究、施設、知識がひとつとなる事で、科学は飛躍的な進歩を遂げる。
M.C.-0016 “原子配列操作による物質生成”の理論が完成し、それを応用した巨大物質生成システムプラントの建造が開始される。
M.C. 0000 A.T.B.S.(原子配列操作による物質生成システム)が完成。
これにより人類は不用物などから、より有用な物質を生成する術を得た。人類有史以来、常に混沌と争いの種子となっていた資源問題はここに解決を見た。
A.T.B.S.とシステム管理用ニューロネットワーク“Con-Human”は多くの問題を解決し、更なる飛躍を人類に約束する。人類はこのシステムの完成により、創造の頂点へと登りつめたと信じて疑わず、彼等は機械文明の恩恵を称え、年号を機械世紀-M.C.(Machinery Century)と改定した。
M.C. 0013 外惑星への植民計画始まる。同時に外惑星連合宇宙軍の設立。
M.C. 0054 周辺の恒星系への探査計画が開始される。
M.C. 0098 探査船団が次々と帰還し、計画は一応の終了を見る。
この年から“Con-Human”の原因不明のシステムダウンが続く。
管制下ににある、気象制御システムが次々に異常動作。気象災害による被害が続出した。
完全独立思考型(Stand-Alone)コンピューターだけにその基本ソフトウェア設計を疑問視する声もあったが、“Con-Human”に対して、盲目的な信頼を寄せていた世論により、その声は次第に消滅していった。
M.C. 0105 異常はついに大気制御システムにまで至った。
大気成分そのものが少しずつではあったが変化していったのである。
M.C. 0108 “Con-Human”は人類による一切の操作、命令を突然拒否。
何等メッセージを発する事も無く“Con-Human”の大量虐殺(ジェノサイド)は開始された。
軍は必死で抵抗を試みたが、すでに軍事力の大半をシステムに依存し、その存在は形骸化していたため、その抵抗活動はほとんど意味を成さなかった。
M.C. 0120 システムは環境を自らに適合させていた。
酸素含有率0.0001%以下、平均気温-10℃。この、人類には過酷な環境の中でシステムのジェノサイドは容赦なく続いた。
M.C. 0123 人類はこの惑星が以前のそれとは全く異なる物体へと変革した事を認識した。
外見はあくまでもかつてのそれではあったが、その偽りの地表の皮膚の内部には、地殻もマグマも存在しなかった。金属フレームと動力炉の稼働音、それが全てだった。
M.C. 0130 ついに人類史上最大の脱出(Exodus)は開始された。
唯一“Con-Human”の束縛を受けぬ、外惑星連合宇宙軍は、地上や軌道上に残された人々を乗せ、惑星を後にした。
ある者は大気も存在せぬ近隣の惑星へと移住し、またある者はそのまま宇宙の放浪民となった。
M.C. 0165 「有機体と無機体の整合性理論」が発表される。
密かに、軍内部でそれを応用した機動兵器の開発が開始される。
M.C. 0180 人類が死と隣り合わせの冷たい大地と、暗黒の空間をその住処として半世紀が経過した。
しかし、彼等はかつての故郷であった惑星から大きく離れる事は出来なかった。望郷、後悔、絶望、そういった数々の想いが彼らをその恒星系に縛り付けていたのである。
その間にも惑星は依然として進化を続けていた。しかもその進化のベクトルは、かつての主がそうであったように、破壊へと向けられていた。
人類に対する“Con-Human”の殲滅戦は熾烈を極め、人類は存亡の危機に立たれされていた。
M.C. 0183 人類は“Con-Human"の存在を全生命体にとって脅威と判断、その完全破壊を決断する。
第一次敵惑星攻略戦が開始されたが、その強大な戦力を前に後退を余儀なくされる。
M.C. 0185 ついに人類は残存兵力の全てを投入した第二次敵本星攻略戦“OPERATION RAYFORCE”を発動する。
しかし、人類にとっての「希望の光」(RAYFORCE)であるはずの兵力はあまりにも少なかった。

[M.C. 0185 マイストロノフ E.ノイマン著「機械世紀の贖罪」より抜粋]
CDブックレット『MISSION DATA FILE』に載っているものです。
M.C.0180の“思い”“し烈”は、レイヤーセクションの説明書に合わせ“想い”“熾烈”と変換しました。
以下、ビデオ『ZUNTATA VISUAL CLIP VOL.1』のブックレットにある年表です。
ピックアップして若干表現が異なるのと、一部追記されています。
M.C. -0025
全世界のコンピューターネットワークを結ぶシステムが確立される。
あらゆる知識の共有化により、科学は飛躍的な進歩を遂げた。

M.C. 0000
ニューロネットワークシステム“Con-Human”の完成。
このネットワークシステムの完成により、人類の抱える数々の問題は解決された。
人類は機械文明の恩恵を称え、年号を機械世紀─M.C.(Machinery Century)と改めた。

M.C. 0098
“Con-Human”官制下にある気象、地核制御システムの異常動作が頻発。
各地で被害が続出する。この年以降、大気制御システムなどにも異常が発生する。

M.C. 0108
“Con-Human”は人類からのアクセスを一切拒否。
何等メッセージを発する事もなく、人類に対する大虐殺を開始した。
巨大なシステムを前に人類の抵抗などは全く意味を成さなかった。

M.C. 0120
システムは環境を自らに適合させるために、惑星自体の改造を開始した。
その、人類にとっては過酷な環境の中でジェノサイドは容赦なく続いた。

M.C. 0130
ついに人類史上最大の脱出が開始された。
ある者は大気も存在しない近隣の惑星へと移住し、またある者は宇宙の放浪民となった。

M.C. 0165
難民となった人類により「有機体と無機体の整合性理論」が発表される。
密かにその理論の機動兵器への応用─C.L.S.(Cybernetics. Link. System)の開発が始まる。

M.C. 0183
人類による第一次敵惑星攻略戦が行われたが、強大な敵戦力を前に後退を余儀なくされる。

M.C. 0185
人類の残存兵力全てを投入した第二次敵惑星攻略戦“OPERATION RAYFORCE”が開始された。
C.L.S.応用機動兵器であるRVA-818 "X-LAY"がデータ以上の戦闘能力を発揮し、ついに人類は勝利した。

しかし、RVA-818とその生体ユニットである搭乗員の消息は未だ明らかになっていない。

[M.C. 0185 マイストロノフ E.ノイマン著「機械世紀の贖罪」より抜粋]

History 2

M.C.-0025 全世界のコンピューターネットワークを結んだ
完全独立思考型システム管理用コンピューター『Con-Human』完成。
M.C. 0108 『Con-Human』の暴走による大量虐殺が始まる。
M.C. 0130 人類は外惑星連合宇宙軍により母星を脱出。
宇宙の漂流民となる。
M.C. 0183 第一次惑星攻略戦(OPERATION METEOR)
惑星奪還作戦の失敗により、艦隊の70%を失う。
M.C. 0184 『Con-Human』の占有範囲が衛星にまで及ぶ。
惑星内に次元の歪みを発生させる。
人類は軍で秘密裏に開発されていた高機動攻撃機の単独攻撃で
衛星内部は破壊するが、テスト機は行方不明に。
M.C. 0185 OPERATION RAYFORCE(第二次惑星攻略戦)発動
人類はほぼ全滅するが、作戦は成功し、惑星は消滅した…。
レイクライシスが発表され、ゲーメストがスクープとしてその記事を取り上げた際に、レイシリーズの世界観としてフォースとストームの年表が載りました。このフォースの年表はCD記載の『機械世紀の贖罪』をゲーメスト側が省略したものではなく、ちゃんとタイトー開発側から支給されたものです。

特筆すべきは“M.C. 0184”の存在で、この時に初めて発表されたことになります。このM.C. 0184が後のストームとの関係に関わってくることになります。詳しくはストーム【History】やクライシス【Player】をご参照ください。
表示モード切り替え