Curious Cat

RAYSTORM

Notes 2

CERAMIC HEART

この場所からは
あなたのことがよく見える
姿カタチとか表情しぐさ
あなたの優しい声も…
だけど
あなたに触れることはできない
なぜなら
あなたと私のあいだには
透明な一枚のガラスがあるから
そのガラスが
どんなに薄くなっても
あなたの手に触れることは
永遠に不可能だ

私の心が
セラミックのように
どんなに強くても
どんなに丈夫でも
どんなに性能がよくても
あなたの前では
ただの物体(=Objet)…
あなたに
私の声は届かない
私の指も届かない
ただ
透明なガラス越しに
あなたの姿を眺めているだけ
私は動けない
叫べない

もしも
私の心が
あなたと通じる時が来るとしたら
それは

あなた自身が
二人の間にある
透明なガラスを
あなた自身の手で壊した時
けれども
そのガラスが壊れることは
永遠にあり得ない
あなたはガラスの壊し方を知らないから
知っているのは
透明なガラス越しにいる私だけ

“私の心はセラミック
硬く鋭く決して錆びることはない
けれど
床に落とした瞬間に
粉々になってしまう

私の手に入らないものは
何もない
地位も名誉も財産も
だけど
たったひとつ手に入らないもの
それは
私が心から欲しいもの”

セラミックでできた私の心を
このガラスにぶつけてみたら
壊すことはできるだろう
でもその時は
私の心も
ガラスと一緒に
砕け散ってしまうのだろう
アレンジCD『NEU TANZ MIX』のブックレットに載っているものです。
「CERAMIC HEART」は仏語の歌アレンジで(PS版“EXTRA MODE”エンディング曲)これはその原詩です。詞中の“Objet”は仏語で、英語の“Object”と同義のようです。
“ ”で囲まれた部分は歌われていないですが、解釈は原詩準拠のようです。

ところでセラミック・ハートにはもう一つ歌バージョンがあります。ZUNTATAがプロデュースした“PAOZ”というアーティストのデビュー曲が「アジアに雪が降る」と「CERAMIC HEART」でした。こちらは日本語の歌です。
表示モード切り替え